メルマガはこちら




  • メールアドレス入力





  •  

    【メディア出演】

    ◆ビックトゥモロー2014/8月号

    $人生を変える 朝1分の習慣

    ◆OZプラス 2013/5月号

    $人生を変える 朝1分の習慣

    ◆ビッグトゥモロー2013/4月号

    $人生を変える 朝1分の習慣

    ◆ビッグトゥモロー2012/9月号

    $人生を変える 朝1分の習慣

    ◆ビジネスチャンス

    123480b0 (1)

    ◆月刊ビジネスデータ

    38d8b725

    秘策ノウハウ集

    永遠の利益を生み続ける秘策ノウハウ!


    【ワクワク、ドキドキ、スタッフの目の色が変わる】


    <経営という名のスリリングな大人のゲーム>

    小分け学習キット <秘策5>


    スタッフのやる気がみるみる上がり、忙しければ忙しいほど、経営者のように喜び、
    毎日来客数を気にする究極の給与システムの作り方!

    STEP1 スタッフのやる気が、みるみる上がり、
    忙しければ忙しいほど、
    経営者のように喜び、 毎日来客数を気にする、
    究極の給与システムとは、いったいどんなものなのか?

    経営者の究極の悩みとは?


    みなさんも、もちろん経営者なので日々感じていると思うのですが、
    経営者って孤独ですよね。
    売り上げが悪いからって、顔には出せませんし、
    売り上げが悪い月でも出て行く経費は同じだし、
    スタッフは能天気で、我かんせずって感じだし。


    いったいどうしたらいいのでしょう?


    売り上げの少ない月でも困っているのは、経営者だけで、
    責任感の強いスタッフや、売り上げに給料が直結している店長クラスの人でも、


    実は口で言うほど危機感はないんです。
    やはり経営者は孤独な存在だから、あきらめるしかないのでしょうか?

    私も以前は、そう思っていましたが、
    いろいろな試行錯誤のうえに、ある一つの問題点にたどり着いたのです。


    それは、実は給与システムに問題があったのです!


    その問題点を解消した給与システムを導入した結果どうなったでしょう?


    スタッフが皆、プチ経営者のように生き生きした目で、日々業務をこなし、
    毎日、来客数を気にして、日々頑張る、
    しかも、売り上げの悪い月には経費を抑える、そんなことが起きたんです。


    まずは、
    そ給与システムを導入することによってもたらされる、実際の効果を挙げてみましょう。
    そして、その後、その実際の作り方と、実際の給与評価表を見ながら、を説明します。


    究極給与システムによってもたらされる効果


    ポイント1 スタッフみんなが、経営者の考えを理解し、
    お店の利益を上げるために頑張るようになる!
    ポイント2 毎日の来客数を気にするようになり、
    お客様一人一人を大事にするようになり、閉店間際のお客様でも
    モチベーションが下がらない!
    ポイント3 売り上げの悪い月は、経費を抑えることが出来、
    しかも、スタッフが危機感を持つようになる!
    ポイント4 スタッフみんなが、経営者と同じ気持ちになり、
    売り上げアップのための最強集団を作ることが出来る。

    まだまだたくさんありますが、主要なものをあげてみました。
    では、次にその理論と実際の作り方についてお話していきます。



    STEP2   給料とは何か?


    給料とは、ずばり、
    一個人の、一ヶ月働いた時の価値を数字で表したものです。
    ですから当然、技術の内容や勤務レベルによって、個人個人大きく違います。
    それは全然問題のないことですし、スタッフも納得している当たり前のことなんです。
    ですが、経営者は、非常に熱く仕事に燃え、スタッフはなぜ熱くならないのか?
    それは、ただ単に経営者は売り上げがよければ儲かり、
    スタッフの給料は大して変わらないという、お金の問題だけではないんです。


    実は、スタッフが熱くなれない理由は他にあるんです。


    それは、自分が働いているお店の経営に、 何のドキドキもワクワクもスリル感じないからなんです!
    皆さん、プレステとか、テレビゲームに我を忘れて、
    時間を気にせず夢中になったことございますよね!


    なぜですか?


    それはもちろん、ドキドキもワクワクもスリルあるからです。


    そのスリルのある、ドキドキするゲームをしているのは経営者だけで、
    スタッフは、その駒としてゲームの内容も知らされず、
    ただ命令に従って動かされているだけなんです。


    だから我かんせずで、ゲームにも参加していないし、
    実は全然楽しくないんです。
    じゃあ どうしたらいいのでしょう?


    そう、ゲームに参加させればいいのです。


    では、実際にはどのようにして、参加させたらいいのでしょう!


    などなど、ほんのごく一部です。


    <商品一覧を見る>


    このページのTOPに戻る



    トップ後藤勇人とは教材販売特商法の表記会社概要お問い合わせ